ステンレス以前の時代

 

「ステンレス」と「コバルト」についての項で、理美容ハサミに使用されている鋼材について少し述べました。

ステンレスは優れた耐食性を持つ錆びにくい素材です。
理美容ハサミの多くはステンレス製です。

ステンレスが導入される前は、鋼(ハガネ)のハサミが使われていました。
鋼は研ぎあげると凄まじい切れ味を発揮します。

しかし、理美容ハサミとしては刃持ちが悪く、頻繁に研ぎ直しを行っていなければ切れなくなるような素材です。

また、鋼は錆びやすさが目立つ素材です。濡れた状態で放置すると数時間で錆びが現れるほどです。水分に触れることの多い理美容ハサミとしては難点の多い素材でした。

現在は、鋼の理美容ハサミの製造はほぼ行われていないと思います…。

そんな鋼も、和包丁などでは抜群の切れ味で活躍します。
適材適所ですね。

img_2589
個人的には、高品質な和包丁を研ぎあげた際に出せる切れ味は、日本にしかないものだと思っていますし、とても好きです。

料理好きな方にはおススメです。

img_2587